福岡市の矯正歯科ホワイトニング小児歯科なら福岡市南区大橋の今村矯正歯科クリニック

福岡市南区の矯正歯科

  TOP BACK
治 療 例
開咬の治療 1
開咬の治療 2
受け口叢生症
舌側ブラケットによる矯正治療
反対咬合の治療
口唇口蓋裂の治療      

開咬の治療 2 矯正治療によるアプローチ(永久歯列)
 
開咬の治療は矯正治療の中で、難易度の高い症例が多く見られ、特に術後の安定性が問題とされます。骨格因子と習癖等の不正咬合発現の原因に対するアプローチが困難なことが理由として挙げられます。
ここでは、永久歯列からフルブラケット装置により矯正治療した症例を提示します。

CASE 4

CASE 4
咬合平面傾斜の改善による開咬の治療例
 
小臼歯の抜歯を行い歯の再配列を行う。
約2年間の治療です。
 
装置名 フルブラケット装置

CASE 5
あごの位置の改善を外科的に行った治療例
 
       
手術による下顎の移動の模式図

手術により下あごの回転を行い咬合平面の傾斜の改善を行っています。

 
開咬では上下の顎の噛み合わせ面の傾きの違いがあることが認められますので、上下顎片側、又は両側の咬合平面傾斜をかえる事で治療を行います。
そのため下記のような方法がとられます。
1. 小臼歯の抜歯による方法(凸凹の存在も考慮)CASE 4
2. 最後臼歯の抜歯による方法 (下顎智歯、上顎最後臼歯)
3.

外科的に咬合平面の傾斜をかえる方法 CASE 5

近年、成人患者においては顔貌の改善を求める事もあり相談のうえ、外科的アプローチを選択する事が多くなりました。
また、顎口腔機能診断施設では、外科矯正は矯正治療・外科手術ともに保険診療となっており、患者の経済的負担は軽減されています。




 
福岡市南区大橋 1-8-18 西鉄大橋駅西口そば 今村矯正歯科クリニック福岡市南区大橋 今村矯正歯科クリニック
福岡市南区大橋今村矯正歯科クリニック